HOME > NEWS > 詳細

News

ここから本文です。

  • 学生活動

「サークルK長崎大学」がイベントを実施~世界の子ども達が平和を祈念して描いたイラスト入りの灯籠船流し~

10月18日(月)、国際ボランティア団体キワニス(※1)から認証を受けた「サークルK長崎大学(※2)」が、平和公園のそばを流れる川で、灯籠船を流すイベントを実施しました。

今回のイベントで流した灯籠船には、世界の子ども達が平和を祈念して描いたイラストやメッセージが載せられました。これらのイラストやメッセージは、世界各地の国際キワニス学生組織を通じて集められたものです。さらに、学校法人純心女子学園純心中学校、および活水中学校の生徒らに加え、長崎大学の学生ボランティアスタッフなど県内からも、イラストやメッセージが寄せられました。

これらは、長崎原爆資料館(長崎市平野町)で、「サークルK長崎大学」の学生たちによって組み立てられ、約180個の灯籠船が完成。平和公園そばの川(下の川)に運ばれ、学生たちの手で1時間かけて1つ1つ丁寧に流されました。

イベント当日は天候にも恵まれ、徐々にあたりが暗くなっていく中、幻想的な光景が広がりました。



イラスト?メッセージを載せた灯籠船を組み立てる様子
(長崎原爆資料館にて)




世界の子ども達が平和を祈念して描いたイラスト入りの灯籠船


灯籠船流しの様子










※1「国際ボランティア団体キワニス」とは
アメリカに本拠地を持つ民間の社会奉仕団体です。ロータリークラブ、ライオンズクラブに並ぶ世界三大奉仕団体のひとつで、世界 96か国で約8,000のクラブで構成され、活動しています。

※2「サークルK長崎大学」とは
キワニスクラブは子どもたちの人材育成を目的に小学生から大学生までの活動を支援しており、大学生で構成するクラブのことを「サークルK」といいます。長崎大学では、学生ボランティア団体「ながさき海援隊」が「サークルK長崎大学」としても活動しています。「ながさき海援隊」は、海岸ゴミを減らすため、これからは子どもたちへの啓発活動が必要であると考え、長崎キワニスクラブとの連携を検討。2019年10月15日、国際ボランティア団体キワニスより、大学生部門(サークルK)の認証を受けました。